国債市場特別参加者(プライマリーディーラー)制度

提供: GAPS用語集
移動: 案内検索

国債入札への積極的な参加など、国債管理政策上重要な責任を果たす一定の入札参加者に対して、国債発行当局が特別な資格を付与する制度。 国債の大量発行が今後も続くと見込まれる中、国債の安定消化促進、国債市場の流動性の維持・向上を図る仕組みとして、欧米主要国で導入されている「プライマリー・ディーラー制度」を参考に、平成16年(2004年)10月に導入された。 直近2四半期の国債の入札において、発行予定額の、一定割合(原則1%)以上の額の落札及び引受を行う落札責任や応札責任を果たす等、一定の条件を満たす証券会社や銀行などの特別参加者には、国債発行計画等につき財務省と意見交換等を行う国債市場特別参加者会合に参加することができるなどの特別な資格が付与される。